“射当”の読み方と例文
読み方割合
いあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また釣瓶落ちにちるという熟柿のように真赤な夕陽が長いをもったらな彼女のの眼を射当てても、呉子さんの姿は
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
いや、自分のをはなれたが、谷間へ落ちたものか、射当てたものかぐらいなことは、がえりのとたんに、この手もとへ感じるものでござる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いったい、あの男は、郷里にいた時分は、毎日、女を射当てに、狩猟には出る、衣装を誇って、村の酒屋は飲みつぶして歩くといったふうで、まあ、不良少年の大将みたいなものだったのさ。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)