“威令”の読み方と例文
読み方割合
いれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取舵!」とのごとき声はさらに一喝せり。半死の船子最早神明威令をもずるわざりき。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
日頃は、主従以上、親子以上、仲睦まじい叔父であったが、るるに過ぎて、ひとつ蹉跌が生じると、ふたりの仲には、威令や尊敬を持とうとしても持てなかった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
まことに、威令ならびなき垢すり旗本なんです。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)