“妙振出”の読み方と例文
読み方割合
みょうふりだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この薬たしかに効能あるやうに覚えければその後は風邪心地の折とてもアンチフェブリンよりは葛根湯妙振出しなぞあがなひて煎じる事となしぬ。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「ここに、熱いお湯と妙振出しがございますから、熱いのを一杯召上って、お休みなさいませ」
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
茶の長火鉢妙振出しをじていた妻何心もなく取次に出て見ると、堀田原町名主を案内にして仲間提灯持たせた中年の小普請組組頭よりの使者と名乗って一封の書状を渡して立去る。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)