“奴茶屋”の読み方と例文
読み方割合
やっこぢゃや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
闇中からのそりと出て来た、旅すがたは平民的……いつかは奴茶屋の前まで来ておりました。その奴茶屋の縁台に腰打ちかけ休んでいた一人の発言でした。
毘沙門前奴茶屋をすたすたと曲がって行く。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
竜之助と、薩州の壮士と、棒を持った変人と、三人の姿を山科奴茶屋の一間で見ることができました。三人まるくなって、酒をみかわしながら、薩州の壮士