“太紐”の読み方と例文
読み方割合
ふとひも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼠が二、三匹棒のようにつながり、膝の向こうを横切って走り、太紐のようながその後から、背を波立たせて追って行った。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
黒鹿毛つぼへ踏みった自分の胴脇へ、遠目にも派手やかな古代紫の太紐で、八雲のからだを確乎とくくりつけていた。
篝火の女 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
肩や両脇太紐で荒くかがって風のけるようにしてある陣羽織式の青海流の水着をぐと下から黒の水泳シャツの張り付いた小初の雄勁な身体がき出された。
渾沌未分 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)