“天然自然”の読み方と例文
読み方割合
てんねんしぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なに聴こうと思って聴いた訳でもないがね。まあ天然自然耳へ入ったようなものだ。何しろしゃべる人がお秀さんで、しゃべらせる人が先生だからな」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
蛙というものは、天然自然細工物として、これはたいしたものです。
母の話 (新字新仮名) / アナトール・フランス(著)
切開です。切開して穴と腸といっしょにしてしまうんです。すると天然自然かれたの両側が癒着して来ますから、まあ本式に癒るようになるんです」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)