“夜会結”の読み方と例文
読み方割合
やかいむすび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょっとんで見送るがごとくにする、お縫は縞物の不断着に帯をお太鼓にちゃんと結んで、白足袋を穿いているさえあるに、髪が夜会結
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
貫一さん」とひ寄らんとするを、薄色魚子の羽織着て、夜会結たる後姿の女はつて引据れば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
中の間なる団欒柱側に座を占めて、げにける夜会結淡紫のリボンして、小豆鼠縮緬の羽織を着たるが、人の打騒ぐを興あるやうに涼き目をりて、かに引繕へる娘あり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)