“塵表”の読み方と例文
読み方割合
じんぴょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
途中、お十夜の用で、川島に一日あまり費やしたにしても、かれらの一行は、やがて貞光口から塵表の巨山を仰いでいるに違いない。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
嘯詠吟哦獅子繍毬して日を消するがくに、身を終ることは有るべし、寒山子の如くに、蕭散閑曠塵表逍遙して、其身をるゝを可きやや、疑う可き也。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
古人は、人界を超えた高地を形容して“塵表”などといったが、ビキニの灰でそんな観念の救いさえ完全にふきとんでしまった。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)