“地主権現”の読み方と例文
読み方割合
じしゅごんげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いいえ、確かに、夕方清水堂のお使いが見えてから、急に、地主権現まで行ってくると仰っしゃって、手前どもの提燈をお持ちになったのですから——」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昔はにして此ありと評判は八坂の塔より高く名は音羽の滝より響きし室香える芸子ありしが、さる程に地主権現の花の色盛者必衰のをのがれず
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
おれがあの時吹き出さなかったのは、我立つ地主権現日吉御冥護に違いない。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)