“圍碁”の読み方と例文
新字:囲碁
読み方割合
ゐご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四世本因坊の名人道策が、日本の圍碁を黄金時代にき、町方にもら碁が行はれた頃、丁度今日の麻雀などのやうに一時に流行をめた時分です。
またこれほど組織立つて麻雀社會化したのも日本だけではあるまいか? 圍碁將棊花合せの傳統い。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
只管みしに重四郎もみ難く承知せしかば此より畔倉を師匠として主用のには劔道をぞびける是に因て重四郎も毎度穀屋へ出入致しける處に主平兵衞は殊の外圍碁
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)