“唐歌”の読み方と例文
読み方割合
からうた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「何の風情もござらぬの。老人がお申そうかの」三太夫はやさしく微笑して、「唐歌一節吟ずるとしよう。そなたに対するじゃ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
神尾主膳は、同じ家の唐歌という遊女の部屋に納まって、太夫禿とをらせて、羅宇の長い煙管で煙草をふかしていると、しく
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
しかるに何事ぞや、その志を述ぶるを定義とせる詩にして唐歌といひたるは、これやがて歌ふを旨とするなるわが国の歌を、誤りて、漢土の詩と同じく志を述ぶるものとなせるなり。云々。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)