“哲夫”の読み方と例文
読み方割合
てつお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人とも、日本子供じゃないか。」と、いいました。哲夫は、はっとして、したが、から、くやしがながれてきました。
中学へ上がった日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
宮田くん。」と、は、へいく少年をかけました。少年は、まって、哲夫見返ると、にっこりいました。
中学へ上がった日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
らは、さがしたけれどなかったようです。——哲夫が、しばらくして、くつをげると、白銅がころがっていました。
中学へ上がった日 (新字新仮名) / 小川未明(著)