“名打”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なう50.0%
なうて50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“名打”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
寝乱れ姿のしどけなく顔蒼ざめた様子も、名打なうての美形びけいだけあって物凄いくらい。
「そうですね。それがようございますよ。若旦那——これからお屋敷へ上ったって、脇坂様は名打なうてのけちん坊だ。お茶いっぱい飲ましてくれないにきまってますからね」
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
架棚たな擂鉢すりばち独手ひとりで駈出かけだすやら、ヤッサモッサ捏返こねかえしている所へ生憎あやにくな来客、しかも名打なうて長尻ながっちり
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
觀音樣といひ辨天樣といひ、ヴィナスといひ、それが名打なうてな傑作であるといふ以上には、必ず曲線や、慈愛に富んでる微笑が、如何にも生き/\して命あるものであらねばならぬ。
彫刻家の見たる美人 (旧字旧仮名) / 荻原守衛(著)