“吉田屋”の読み方と例文
読み方割合
よしだや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女「おやまアお嬉しいこと私も足利へ参りますの、私は足利町五丁目の親類共に居りまする吉田屋のふみと云うもので、何うかとお訪ね下さいまし」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
たゞ、しい大樹枝垂櫻がもうえぬ。新館新潮社に、吉田屋料理店がある。丁度あのあたり——其後晝間つた切株ばかり、つたやうにた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「まあ、吉田屋のお内儀さま、おめずらしい。さあ、どうぞ——」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)