“吉公”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きちこう75.0%
きちかう12.5%
よしこう12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“吉公”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ただ気づよいコックの吉公きちこうだけは、このカフェを無人ぶにんにも出来まいというので、依然として階下のコックべやに泊っていた。
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)
あを羽織はおり吉公きちこう目白めじろだの、それからおやしきのかなりやの姫様ひいさまなんぞが、みんな
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
それからみいちやんのやうなのは可愛かあいらしいのである、吉公きちかうのやうなのはうつくしいのである、けれどもそれは紅雀べにすゞめがうつくしいのと
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
紀州の吉公よしこうめ、おれを、困らすつもりかな?
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)