“南蛮北狄”の読み方と例文
読み方割合
なんばんほくてき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
都でもこの五百年か、あるいはまた一千年か、とにかくその好みの変る時には、この島の土人の女どころか、南蛮北狄の女のように、まじい顔がはやるかも知れぬ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)