“前額:まえびたい” の例文
“前額:まえびたい”を含む作品の著者(上位)作品数
海野十三2
北原白秋1
夢野久作1
甲賀三郎1
“前額:まえびたい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「そいつを聞かれると、大いに憂欝ゆううつになるのですがねエ」と大江山課長は禿かかった前額まえびたいをツルリと撫であげた。
キド効果 (新字新仮名) / 海野十三(著)
今年五十二三歳であるが、重明とはにてもつかない、でっぷり肥った赤ら顔の、前額まえびたいが少し禿げ上って、見るから好色そうな男だった。
黄鳥の嘆き (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
もう六十を越えて、それで前額まえびたいは禿げているが、矍鑠かくしゃくとしたシャンとした老人である。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
力士のような大きな体、柿の実のようないいつやをもった頬、苅りこんだ短い髭、すこし禿げあがった前額まえびたい、やさしいながらきりりとしまった目鼻だち――と書いてくれば、原大佐がどんなに立派な海軍軍人だか、わかるであろう。
太平洋魔城 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その豊富な角苅かくがりの銀髪とブラシのように生やしたゴリラ式の狭い前額まえびたいと太い房々とした長生眉ながいきまゆと、大きく一文字に閉じた唇を見ると、成る程これならば嫌疑の掛かるのも無理はないと考えられそうな野性的な、頑固一徹の性格をあらわしていた。
S岬西洋婦人絞殺事件 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
PR