“制吒迦”の読み方と例文
読み方割合
せいたか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不動明王の左右に侍する可愛らしい矜迦羅制吒迦の二童子、その他八大童子の類、すなわち所謂護法童子である。
矜羯羅よりは制吒迦に近い、かかる如意使者は、欧州の巫蠱(ウィチクラフト)また人類学にいわゆるファミリアール(眷属鬼)の一種で、諸邦眷属鬼については
といふ掛声とゝもに、制吒迦はれて、写真機附属品を、三金剛杵片手にしながら、片手で、んで、短躯小身見物つてがして引上げた英雄である。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)