“出不精”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
でぶしょう75.0%
でぶしやう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“出不精”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
女中の答えを予期しながら、呼んで見たけれど、誰も出迎えなかった。開け放された部屋部屋には人の影もなかった。第一、あの出不精でぶしょうな夫の姿の見えないのがいぶかしかった。
お勢登場 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
出不精でぶしょうの方で余り出掛けぬが、時々散歩はする。
主人や娘さんはどうしてゐるだらうか、新坊は一生懸命働いてゐるだらうかと、時にふれ思はぬこともなかつたが、そしてまた、始終来てゐた客がぷつつり来なくなることは名曲堂の人たちにとつても淋しい気がすることであらうと気にならぬこともなかつたが、出不精でぶしやうの上に、私の健康は自分の仕事だけが精一杯の状態であつた。
木の都 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)