“其裾”の読み方と例文
読み方割合
そのすそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又は人の父を喰殺してその父にばけて年をたるに、一日その子山に入りてるに、きたりて人の如く立其裾たるゆゑにて狼の、狼にげりしゆゑ家にかへりしに
風呂敷から血に染つた片腕を出された時には、社長も顔色を失つて、逃げ掛けたサウですが、其裾へて悲惨なる労働者の境遇を説き、資本家制度の残忍暴戻を涙をつて論じたのには
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
又は人の父を喰殺してその父にばけて年をたるに、一日その子山に入りてるに、きたりて人の如く立其裾たるゆゑにて狼の、狼にげりしゆゑ家にかへりしに