“児小姓”の読み方と例文
読み方割合
こごしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
十二歳のとき児小姓に上って、数年は江戸国許ともに側勤めだったが、十六歳になると学問武芸を修業するためいったん御殿を下り、二十歳で再び召し出された。
日本婦道記:二十三年 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
京の西洞院侘住居をしていた両親の手から今川家へ児小姓に召し上げられたので、それ以来は、ただ主君や周囲からせられることを受動的に甘受していただけで
三浦右衛門の最後 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
そのとき忠利はふと腮髯の伸びているのに気がついて住持に剃刀はないかと言った。住持がに水を取って、剃刀を添えて出した。忠利は機嫌よく児小姓に髯をらせながら、住持に言った。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)