“余談”の読み方と例文
旧字:餘談
読み方割合
よだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは余談でございますが、がこちらの世界大和武尊様御目通りしたじを、ここでちょっと申上げてきたいとじます。
他人のことでも話しているような余談的な調子で四年間の事業の経過を説明した。
青髯二百八十三人の妻 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
これは余談るが、彼れ醤は、日本軍のため、重慶を追われ、成都にいられなくなり、昆明ではクーデターが起り、遂に数奇めた一生をそこで終るかと思われたが、最後の手段として