“人浪”の読み方と例文
読み方割合
ひとなみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
看板に梵天帯真鍮巻きの木刀を差した仲間奴、お供先からぐれ出して抜け遊びとでも洒落たらしいのが、人浪を分けて追いついた。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そしてそとは、チャアリング・クロスの史的に気軽な人浪とABCの詩だ。
年の暮れの銀座はことににぎやかだ、兄弟は人浪に押されながら歩いた。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)