“乱射”の読み方と例文
読み方割合
らんしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仙太が地上に散らばった金貨を拾おうとんだところを、二階からカンカン寅が消音ピストルを乱射して殺してしまったのだった。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
なにしろ、はトーチカにじこもり、機関銃乱射して、頑強抵抗するのです。ついに、決死隊られました。我先にとたので、たちまちの定員したのです。
とびよ鳴け (新字新仮名) / 小川未明(著)
湖水のなかほどへでたとき、ふいに矢を乱射したやつのしわざにちがいない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)