“ダイアモンド”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
金剛石87.5%
菱形金剛石12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金剛石ダイアモンドと光を争ひし目は惜気をしげも無くみはりて時計のセコンドを刻むを打目戍うちまもれり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
金剛石ダイアモンドいでは彼の挙動の目指めざされしは、座中に宮と懇意に見えたるは彼一人なりければなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
近頃トランスバール政府ではその所有に属する世界最大の金剛石ダイアモンドを英国皇帝に献ずる事に決した。
話の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
白地に星模様のたてネクタイ、金剛石ダイアモンド針留ピンどめの光っただけでも、天窓あたまから爪先つまさきまで、その日の扮装いでたち想うべしで、髪から油がとろけそう。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その又柔かな白衣の胸には金剛石ダイアモンドのブロオチが一つ、水水しい光を放つてゐる。
わが散文詩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
此等これら一人ひとりのこらず數多あまた菱形金剛石ダイアモンド鏤刻ちりばめて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)