“ダイヤ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:だいや
語句割合
金剛石92.3%
夜光石7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翼に金剛石ダイヤちりばめ、目には血膸玉スルウドストンくちばしと爪に緑宝玉エメラルド象嵌ぞうがんした
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
自分は経験のある或る年長者から女の涙に金剛石ダイヤはほとんどない、たいていは皆ギヤマン細工ざいくだとかつて教わった事がある。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
堂の中に入つて、正面のとばりをかゝげると、歡喜天の男體の方の額の夜光石ダイヤが、隙間洩れる陽の光に、爛としてかゞやきます。
「ね、若旦那、打ちあけて言つて下さい。これは大事の事だ。人間の眼玉幾つにもかゝはる上に、何萬兩といふ夜光石ダイヤにもかゝはります」