“タラ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:たら
語句割合
50.0%
25.0%
25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
凡隊中所費銭糧 其自営ノ功ニ取ル亦互ニ相分配シ 私スル所アル勿レ 若 或ハ学料欠乏ストキハ隊長建議シ 出碕官ノ給弁
海援隊約規 (新字旧仮名) / 坂本竜馬(著)
……天つ宮事もちて、大中臣、天つ金木を本うちきり、末うち断ちて、千座置座におきはして、天つ菅曾を本刈り断ち、末刈り切りて、八針にとりきて、天津祝詞の太祝詞事を宣れ。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
それも僅かに二本——、やゝ長めな二本のの木やうの物の枝を持つて、何やらあやしげな事をいたし居ります。それを色々をこつかした末に、大地の上に立てます。
死者の書 続編(草稿) (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)