“キング”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
58.3%
王様25.0%
大王8.3%
王牌8.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「黙っていては分らない。何とか返事をなさい!」日本の大正のキングリアは、こうって石のように黙っている子に挑んだ。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「黙つてゐては分らない。何とか返事をなさい!」日本の大正のキングリアは、かう云つて石のやうに黙つてゐる子に挑んだ。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
「いいえ、算哲様なら、ハートの王様キングでございますわ」と伸子は反射的にそう云った後で、一つ大きな溜息をした。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ですから、もし、ハートの王様キングという一言を、貴女の心臓が語るとおりに解釈して、算哲博士を右側に心臓を持った特異体質者だとすればです。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
大王キングフィリップは自身のために建てた巨大なる宮殿——エスコオリアルの一室に坐して忙しく働いていた。
彼らは大王キングフィリップに、信仰厚いマルタンは、すでに出動したのみでなく、同じくすでに、港に帰っていることを、申し上げなければならなかった。
と、どうだらう、持牌もちふだは切札のA牌ポイント王牌キング兵牌ジャツクで、彼がさきに打つたのは六ではなくて后牌クヰーンだつたのだ。
「ええ、なるほどおれは馬鹿ぢやつたわい! 切札の王牌キング! どうぢや! 取つたか? 猫の後裔すゑめ! A牌ポイントはいらんか? A牌ポイント! 兵牌ジャツク! ……」