“イリユウジヨン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
幻影50.0%
幻想25.0%
幻覚25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その深い幾条かの泥濘の轍の中にも、かれはその美しい幻影ぜることが出来た。
赤い鳥居 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
四方の書割には富士山や日本の田舎を現し、松や桜の間に大仏やおなども出来て居る。白昼に観ては殺風景だがで観る景色は一寸日本らしい幻覚させる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)