“ももひき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
股引98.6%
股立0.7%
腿引0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「はあ。」男は苦笑して、「こんな恰好で、ごめん下さい。」見ると、木戸にいる時と同様、股引にジャケツという風采であった。
黄村先生言行録 (新字新仮名) / 太宰治(著)
其処にも此処にも毎夜のように辻斬とて容易に人を斬ることがあって、物騒とも何ともうに云われぬ、れから股立て進退に都合のいように趣向して
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
千種腿引だの、緋羅紗の煙草入れだの、はこう食うのがオツだのと、に、別れきれないで、古い文化をたちまちに復興させている。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)