“ひれい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
比例25.0%
氷冷25.0%
非礼25.0%
非禮25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人間にんげんはじめて出現しゆつげんしてから歴史れきしはじまるまでと、歴史以後れきしいご今日こんにちまでとのながさの比例ひれい
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
彼はただ、春風しゅんぷうの底に一脈の氷冷ひれいの気を感じて、何となく不愉快になっただけである。
或日の大石内蔵助 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
伊賀者いがものを使者の人数にまぜてよこすは非礼ひれいばん、どうしてそれがおわかりになりましたか」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何故つてほんの今さつき、私が牧師補としてあの方のおともをするといふ申し出を繰り返しましたら、あの方は私の非禮ひれいをお怒りになつたんです。あの方は私が結婚しないでお供するつて申し上げたことを、私が失禮なことでも仕出かしたやうに思つてらつしやるやうです、まるで私が最初からあの方をお兄さまと思ひ度いと望んだことも、またいつもさう思つてゐたこともないかのやうに。