“ひゃくち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
百雉66.7%
百池33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三氏の私城にして百雉ひゃくち(厚さ三じょう、高さ一丈)をえるものにこうせいの三地がある。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
其の分封太侈たいしを論ずるにいわく、都城百雉ひゃくちを過ぐるは国の害なりとは、でんの文にも見えたるを
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
おいの太郎が先づ口をきく 百池ひゃくち
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)