“のぼりぐち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
上口33.3%
昇降口33.3%
登口33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうどこの上口の辺に美濃蓮大寺の本堂の床下まで吹抜けの風穴があるということを年経ってから聞きましたが、なかなかそこどころの沙汰ではない、一生懸命景色奇跡もあるものかい
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
幸作に伴われて、三吉は二階の昇降口の人の居ないところへも行った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
何時の間に登って来たのか、白ズボンをよれよれにし、紺の開襟シャツの胸をはだけた勇が三尺の登口に不機嫌に突立って居た。
刺青 (新字新仮名) / 富田常雄(著)