“しやうかうぐち”の漢字の書き方と例文
語句割合
昇降口100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しも、後部甲板昇降口よりはれて、一群肩章たせたる年少士官等りながら、かに此方かゝる二個——軍艦々上にはらしき平服姿一個威風堂々たる肥滿紳士