“じつかい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
十回50.0%
述懷50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
エトナは西暦千八百九年乃至千九百十一年十回合計〇・六一立方粁しかしてゐない。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
餘震恐怖せるため、消防十分實力發揮することが出來なかつたとは、專門消防手から述懷であるが、著者此種人士餘震誤解してゐるのを、遺憾ふものである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)