“しんばか”の漢字の書き方と例文
語句割合
新墓100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨日今日新墓死人墓衣まってれてゐよともはッしゃれ。いたばかりでも、身毛彌立ったが、大事つるなら、躊躇せいで敢行けう。
新墓には光岸浄達信士という卒塔婆が立ってって、茶碗に手向の水がありますから、あゝ私ゃア何うして此処まで来たことか、私の事を案じて忠平が迷って私を救い出すことか
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)