“しんげき”の漢字の書き方と例文
語句割合
進撃100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのは、かつての約束って、戦友骨壺い、前線から、また前線へとえ、って、進撃をつづけているのでありました。
戦友 (新字新仮名) / 小川未明(著)
それから自分學校時代によく進撃したそばや梅月や、其他樣々懷想して、あらばんでもきたいまで日本しくなつた度々あつたが