“しらぢ”の漢字の書き方と例文
語句割合
白地100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何處いともがたけれど華魁衆とて此處にてのひ、はなれてはるによしなし、かゝるにて朝夕ごせば、白地無理ならず
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かかる中にて朝夕を過ごせば、白地む事無理ならず、美登利の眼の中に男といふ者さつてもからず恐ろしからず、女郎といふ者さのみしき勤めとも思はねば
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)