“しゆてい”の漢字の書き方と例文
語句割合
酒亭100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
愚園の方は小さな浅草の花屋敷で、動物の外に一寸法師や象皮病で片手が五十封度の重量のある男の見世物などがあり、勧工場や「随意小酌」と出した酒亭もある。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
江戸には雪のざる年もあれば、初雪はことさらに美賞し、雪見の哥妓へ、雪の賓客き、青楼は雪を居続となし、酒亭は雪を来客嘉瑞となす。