“しばぐり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
柴栗50.0%
芝栗50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一の鳥居へ石段をおりるときふと柴栗の落ちてるのをみて 栗がなったな と思って上を見た。高い枝にのたれそうな三つ栗がめっきりとえみわれている。
島守 (新字新仮名) / 中勘助(著)
この村には「柴栗」と云つて、実の小さな山栗の木があつて、誰でも勝手にひろつていゝのですが、今、村では大人の男の人が少いので、どこの家でも田圃の仕事が忙しく
栗ひろひ週間 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
高品さん夫妻と私の三人だけで、芝栗き、茶をりながら話していたとき、夫人がふと思いだしたような顔つきで云った。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
さな芝栗偶然ちてさへいてぐだらうとふやうに薄弱蟋蟀がそつちこつちでかにいてる。一寸他人にはれぬ場所であつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)