“しにせ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
老舗76.1%
老舖10.6%
老鋪7.1%
旧舗2.7%
古舗2.7%
老店0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治時代には煉瓦の銀座でも暖簾の店が多く、日本橋通りや大伝馬町、堀留あたりの大店始め、市中の商店は紺の暖簾に老舗を誇った。
明治世相百話 (新字新仮名) / 山本笑月(著)
お六櫛などをひさいでゐる老舖などのある、古い家竝みの間をいいかげん歩いて、殆どもうその宿を出はづれようとしたとき、一軒、それを見るなり矢張あつたな、とおもつたやうな
炉辺 (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)
人の噂では、日清戦争頃に、秋田あたりの岩緑青を買占めにかかったのが、当ったので、それまでは老鋪と云うだけで、お得意の数も指を折るほどしか無かったのだと云う。
ひょっとこ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その商事会社は元来、地所持ちの旧舗が店の形を改めたもので、貿易は片手間に過ぎないけれども当主は道楽半分なか/\熱心でありました。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ほどなく、きれいな楊柳並木の繁華街の一軒に、古舗めいた大店の間口が見える。朱聯金碧の看板やら雇人だの客の出入りなど、問わでも知れる生薬問屋の店だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)