“くろしゃ”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒紗100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒紗くろしゃほうを着て、卍頭巾まんじずきん黄革きがわ膝行袴たっつけばきに、馬乗り靴という扮装いでたち
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
身装みなり黒紗くろしゃ袍衣うわぎに白絹の帯を横結びに垂れ、そして、頭にも手くびにも白い繃帯ほうたいをまいていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)