“紅紐”の読み方と例文
読み方割合
べにひも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
袖口だけに刺繍のある裾短かな洒落者とみえて、黒紗卍頭巾には、紅紐ッたが紅花みたいに透いてみえる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それにしては、どこやらぬけし過ぎた艶姿だ。旅粧いもきりっと身についていて、裾みじかにをからげ、市女笠の紅紐が白いによく似合っている。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紫紺地の頭巾にをくるんだ弦之丞と、青い富士形の編笠に紅紐をつけて、眉深くかぶったお綱とは、せわしない往来をよけて、農人橋手欄から川の中を見下ろしていた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)