“きようじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
凶事25.0%
梟示25.0%
矜持25.0%
胸次25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれ凶事きようじ理由わけがなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
火遁の術は奇にしてあと尋ねかたし 荒芽山畔まさしずまんとす 寒光地にほとばしつて刀花乱る 殺気人を吹いて血雨りんたり 予譲よじよう衣を撃つ本意に非ず 伍員ごいん墓をあばあに初心ならん 品川に梟示きようじ竜頭りゆうとうかぶと 想見る当年怨毒の深きを
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
彼は近代作家の地べたに密着した鬼の目と、日本伝統の文人気質を同時にもち、小説なんかたかゞ商品だと知りながら、芸術を俗に超えた高雅異質のもの、特定人の特権的なものと思つてをり、矜持きようじをもつてゐたから、そしてその誇りを一途の心棒に生きてゐたから
オモチャ箱 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
〔譯〕胸次きようじ清快せいくわいなれば、則ち人事百かんせず。