“きふさいそく”の漢字の書き方と例文
語句割合
急催促100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して急催促言譯すべきもなく表向きの訴訟沙汰とはれりける松澤數代家柄信用ければ僅々二千何方にても調達出來得べしと世人ふは反對にて玉子四角まだ萬國博覽曾にも陳列沙汰
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)