“きしり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
66.7%
33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つたへてかにも——
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
いづちともなき
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
はた、速のく
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
だ宵ながら松立てる門は一様に鎖籠めて、真直に長く東より西にはれる大道は掃きたるやうに物の影をめず、いとくも往来の絶えたるに、例ならず車輪は、かりし
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)