“きぐわん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
祈願66.7%
器玩16.7%
綺紈16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
只今致方無御座、目黒の不動へ參詣致、命に替て祈願きぐわんをこらし、晝夜いのり入事に御座候。
遺牘 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
行末ゆくすゑ御良縁ごりやうえん祈願きぐわんします、祈願きぐわんしまする。」
松の葉 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
榛軒は晩餐後市中を漫歩するを例とした。其時往々骨董店の前に歩を駐め、器玩きぐわんの意に投ずるものあれば購うて還つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
室宇しつう宏麗くわうれい後房こうばう數百人すうひやくにん舞妓ぶぎみな綺紈きぐわんかざり、金翠きんすゐむ。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)