“おかべ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
岡部60.0%
岡辺20.0%
豆腐20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あわ小豆あずき飼馬かいばの料にするとかいうひえなぞの畠が、私達の歩るいて行く岡部おかべの道に連なっていた。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
さいわい、江戸えどから長崎ながさき勉強べんきょうにきている書生しょせいなかまに、岡部おかべという青年せいねんがいました。
翌朝、起きぬけに、豆腐おかべを売る店はどこ、八百屋はどことたずね、ざるに鳥目を入れ、胸をそらして出て行った。
奥の海 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)