“おおごと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
大事88.1%
大椿事2.4%
大変事2.4%
大事件2.4%
大変2.4%
大破綻2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「これ、袂糞でも付けさんしょ」とお種は気をんで、「折角今日は髪まで結って、皆な面白く遊ぼうという日だに、指なぞを切っては大事だぞや」
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「イヤ。トテモ大椿事ですばい。アンタ方は知りなさるまいが、鯨はアレで魚じゃない。獣類ですばい」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「相手がアーメンと思うと、いくら力瘤を入れても、入れ甲斐がないような気がして、チーット力瘤を入れ過ぎたようです、とうとう大椿事になりましてなあ——」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『馬鹿……今、貴様の生胆を取れあ、俺が懲役に行くだけじゃないか……おいツン州……大変事の出来たぞ』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
『ウワア……それは大変事出来とる。いま全快っちゃイカン』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
これア何か大事件があったのだと思ったから、早速本庁の刑事へ電話を掛けて聞いて見ると、昨夜にも今朝にも大事件なんてえものは無かったと言います。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
そのに眼がボウ——ッとなって来て、これは大変が出来たと思うた時にはモウ横に寝ているやら、座っているやら自分でも判然んようになっております。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「江戸の上役人が、含月荘の領内で、殺されていたと分ったひには、こいつ、大破綻になりますからな。——そこで、如意の作兵衛小屋へ持って行って、炭焼竈の中で焼いてしまおうというお考えなので」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)