“うくわつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
迂濶81.8%
迂闊18.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『だつて、校長先生、人の一生の名誉にかゝはるやうなことを、左様さう迂濶うくわつには喋舌しやべれないぢや有ませんか。』
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
請ふ、いて生活の敗者に問へ、新堀しんぼりあたりの九尺二間には、迂濶うくわつなる哲学者に勝れる説明を為すもの多かるべし。
最後の勝利者は誰ぞ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
見識けんしき迂闊うくわつ同根也どうこんなり源平げんぺい桃也もゝなり馬鹿ばかのする事なり。
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
「成程尤も、年上の拙者が、それに氣が付かないとは迂闊うくわつ千萬」